フリーのプログラマとなる要件

プログラマがフリーエンジニアとして大成していくためには、トレンドのプログラミングを自在に行えるようになる必要があります。IT業界の進展は著しいため、常に最新のシステムに気を払っていく必要があります。

トレンドとして、Webプログラミングやアプリ開発がフリーエンジニアとして活躍できるフィールドになっています。
しかし、こういった領域がトレンドとなることはインターネットやスマートフォンが開発された時期の10年前には誰も予想だにしなかったことでしょう。
5年や10年のスパンで劇的な変化が起こるのがIT業界であり、その新しいシステムの世界に入って役立つプログラムを作り上げていけるかが、フリープログラマにとって重要なことになるのです。

特に、既存の考え方をそのまま移行できる場合には、応用を利かせるのは難しくありません。
しかし、例えばパソコンのソフトウェア開発とスマートフォンのアプリ開発では、使用環境も画面の大きさも異なります。
それどころか、入力の方法がフリック等の動きのあるタッチパネルであり、仕様や設計そのものを変えなければ、効果的にそのシステムを活用することができません。
そういった面においてフリーエンジニアに創造性が求められ、それを実現できることがプログラマにとって必要になるのです。

それを実現するためにも、常に最新情報に気を払って、その特性をつかむとともに、流行する可能性を考える習慣を付けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です