2016年5月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

フリーエンジニアとプログラミング言語習得

IT業界で、システム開発に携わっていくためにプログラミングを学ぶ場合には、個々のプログラミング言語を使いこなせるようになることよりも、プログラミング全般的に必要な考え方を身につけることが大切です。
そのため、システム開発を行うために企業に就職したプログラマは、しばしばいくつものプログラミング言語を使いこなせるようになるための勉強をすることに対して、否定的なことがあります。
これは、システム開発を行う上では適切な開発言語を選ぶところから始まることが多く、その都度必要な言語を学ぶことが常識的になっているからということもできます。

しかし、フリーエンジニアとなる場合には、状況が少し変わることに留意が必要です。システム開発の仕事は競争率が高いことから、それにこだわって生計を立てていくことは難しく、その幅を広げていく必要があります。
その際には開発言語が指定されている案件も多く、その開発経験等が要件となっていることも多々あります。
そのため、予め使い根させるプログラミング言語を増やしておくと、フリーエンジニアとなったときに携われわれる仕事を飛躍的に増やすことができるのです。

プログラマとして個々の開発言語を使いこなせることを客観的に示せることで、即戦力として依頼主にアピールすることが可能になります。
そういった自分を売り込むという側面からも、多様な開発言語を使いこなせるようになっておくのが仕事獲得のための効果的な準備になるのです。
これからフリーエンジニアを目指す方には他にも知っておいた方が良い情報があります。【フリーエンジニアを目指すプログラマサポートガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です